マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事

妊娠による心の変化とは

夫婦

一人で抱え込まないことが大切です

ストレス社会と言われている現代、うつ病になってしまう人は増えてきており、その症状や特徴も広く認知されるようになってきました。主な原因はストレスですので、うつは誰にでも起こりうる病気です。しかし、中でも女性は男性の約2倍、うつになりやすいと言われています。それは、妊娠が関係しています。妊娠中は、出産や出産後の不安など心配ごとがつきものですし、ホルモンバランスが通常状態に比べ大きく変わるので、発症してしまう女性が多いのです。妊婦の約15パーセントが発症すると言われているほどで、珍しいものではありません。ほとんどの場合、うつは妊娠初期に発症します。体が妊娠状態になって間もないため、ホルモン分泌が急激になされ、脳がその状態についていけなくなってしまうからです。また、つわりがあるのもこの時期なので、つわりも影響して精神的、肉体的にも辛い状態が続くことも原因として挙げられます。しかしつわりが終わるころの安定期、妊娠後期のころになると症状はかなり落ち着き、出産までに自然と回復していることがほとんどなので、大きな心配はありません。そもそも妊娠中は強い薬を飲むことは出来ないので、なるべくストレスを溜めない、適度に運動してリラックスする、たまに甘いものなどを食べる、などの対応が効果的です。ただし、中には出産後もその状態が続き、投薬などが必要になってしまう場合もあります。軽い症状であれば、不安や理由もなく涙が出てくる、などが挙げられますが、お腹の子が憎くなる、自分が嫌いになり自傷行為をしてしまうなど重度な症状が出た場合は、専門病院を受診するようにしましょう。

心療内科や精神科などの専門病院にかかると、妊娠中や授乳中でも服用できる薬をくれる場合もあります。医師の指示に従い服用することで、効果的な治療になります。妊娠中の薬の服用に抵抗がある人も多いですが、一番大切なのは、お腹の赤ちゃんを守ることと、自分自身を守ることです。自分を責める前に、出来る治療はしっかり受けることが大切です。また自治体によっては、妊娠うつ、産後うつなどの無料サポートをしている機関を設けている場合があります。不安や心配事を相談し、適切なアドバイスをくれるので、自治体のHPなどを確認し、そのようなサービスも利用すると良いでしょう。注意点としては、自己判断で薬の服用や飲酒などを行わないことです。ストレスが溜まっているから、とタバコや飲酒に手を出してしまうとお腹の赤ちゃんに影響します。自己判断する前に、まずはかかりつけの婦人科の先生に相談してみましょう。心療内科や精神科の先生ではなくても、婦人科の先生も悩み相談にはしっかり乗ってくれます。また、自分の家族も頼りましょう。人に頼るのが苦手で、真面目、責任感が強い人ほど、うつを発症しやすい傾向にあります。そのため、発症後も、周りに迷惑をかけたくないという心理が働き、悩みや不安を相談出来ずにいる人はとても多いのです。しかし、父親となる夫や、祖父祖母となる父や母に相談することで、より家族の絆も深まります。うつ状態の時、一番やってはいけないのが、一人で抱え込むということです。頼れるところはしっかり頼ることが、効果的な治療と言えます。

Copyright© 2019 マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事 All Rights Reserved.