マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事

妊娠による精神状態の変化

医者と看護師

ホルモンがもたらす精神病

うつ病は、様々なストレスによって発症してしまう精神病の一種です。憂鬱感や倦怠感、疲労感を慢性的に感じるようになり、吐き気や頭痛などの身体的な症状も現れます。自己嫌悪感に陥り、重症化すると物事の正常な判断が出来なくなったり、普通の日常生活が送れなくなったり、被害妄想に陥り攻撃的になったりなどの症状が出て入院を必要とする場合もあります。そのため、出来るだけ早く症状に気付き、専門病院を早めに受診することが大切です。うつは誰でもなってしまう可能性のある病気ですが、中でも発症しやすいのは妊娠中の女性です。妊娠中の発症は、ストレスだけではなく、ホルモンバランスの変化も原因として挙げられます。妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌され、母乳が出たり体が丸くなったりなど、体が赤ちゃんを産み母になるための準備をします。そのため、体内のホルモンバランスは通常状態と大幅に異なり、それに脳がついていけなくなり、自律神経が乱れうつを発症しやすいのです。同じような原理で、出産後もうつになる人が多いです。出産後は、赤ちゃんと胎盤が排出されることによって体が妊娠前の状態に急激に戻るように作用し、同じくホルモンバランスが大きく乱れます。また、慣れない育児や睡眠不足なども原因となることが多いです。女性の体はとてもデリケートです。妊娠中に発症することは珍しくないので、夫や周りの家族は親身になって支えてあげることが大切です。不安な気持ちをただ聞いてあげる、というだけでも、症状は和らぐことがあります。

妊娠中、うつにならないための効果的な対策というのは、実はあまりありません。どんなに赤ちゃんを心待ちにして出産を楽しみにしていても、ふとしたことがきっかけで急に悲しくなったり不安になったり、お腹の赤ちゃんを愛しく感じなくなってしまったり、といったことは珍しくありません。そこでそのような自分を責めてしまうと、よりうつが進行しやすくなります。妊娠中のうつが進行すると、自傷行為に走ったり、禁止されているタバコやお酒に手を出してしまったり、ということも考えられます。いつもと明らかに精神状態が良くない、わけもなく不安になるなどの症状が出たら、すぐにかかりつけの医者に相談しましょう。そこで話を聞いてくれて症状が和らぐこともありますし、専門の精神科医や心療内科を紹介してくれる場合もあります。ただし、妊娠中は特定の薬を服用することが出来ないため、効果的な治療法はカウンセリングが中心となります。場合によっては、体に負担のない漢方薬などを処方されることもありますが、効き目は人それぞれです。専門の医者とのカウンセリングも大切ですが、夫や周りの家族ときちんと話し合うということも実は重要です。特に、夫は母になる妻をいたわり、しっかり話を聞いてあげることが重要です。すべてはホルモンバランスのせい、と割り切って、攻撃的になっていたとしても、全て受け止めてあげる心を持つことで、病状の進行は抑えられます。また、検診に一緒についていったり、出産の準備を一緒にしたりなど、行動を共にすることによって夫婦の絆も深まるので、一石二鳥と言えます。

Copyright© 2019 マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事 All Rights Reserved.