マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事

身体も精神も乱れやすい

カウンセリング

少しでも症状を感じれば医師に相談

妊娠中にうつ病にかかってしまう女性は、意外と多く存在しています。子供ができた母親は強いというものの、すべての女性がそうなるわけではありません。妊娠中は女性ホルモンのバランスが乱れやすく、精神状態が不安定になる可能性が高まります。そのため、出産することに強い不安感が現れ、ヒステリーになる人もいれば、自ら中絶を望むようになる人もいます。妊娠するまで明るく元気でいた人が、妊娠したとたんに暗く、または癇癪モチになってしまうパターンはよくある話です。しかしパートナーである夫は、突然の妻の変化ぶりに戸惑うこともあります。いきなり妻がおかしくなったと感じ、夫も何とかしようとするあまり攻めてしまうこともあれば、怒鳴ってしまうこともあるほか、手に負えず相手にしないようになる人もいます。しかし妊娠中のうつ病、またはうつ的な状態は珍しいことではありません。だからといって、そのまま放置しておけば直るということでもありません。しっかり精神を安定させるために、治していくことが大切です。そのときに、もし病院で診てもらうには、どの科で診てもらえば良いのかわからないことがあります。もちろん産婦人科や婦人科で相談することはできます。そして医師に、どのような治療を行えば良いのか話し合い、必要であれば薬が処方されることもあります。その病院の選び方は、普段から通いなれているところでも良いですし、精神的なものを専門としている医師のいる病院を選択しても大丈夫です。自分が「この医師なら信頼できる」と感じた人がいるところを選んで治療をすることで、安心して治すことができます。

妊娠中に発症するうつ病とは、いったいどのような症状が現れるのか、その症状を事前に把握していればいざ発症した時に対処に困らないで治していくことができる可能性があります。この症状はいわゆるマタニティーブルーといわれる症状です。多くの人はマタニティーブルーを産後うつのイメージとしてとらえることもありますが、妊娠中でも発症するケースは多くあります。妊娠中の症状は軽度で済むことが多く、出産と同時にその症状がなくなることもあります。しかしだからといって放置は良くありません。通院している間に、精神的な状態の変化は医師に伝えることで、医師も判断し対処してくれます。軽度で済むことが多いとはいえ、それは対処がしっかりできたから済ませられることかもしれません。放置すれば悪化する可能性もあり、出産後でも改善されないこともあるため、少しでもおかしな状態を感じれば医師に伝えることが大切です。では、ちょっとした変化でもどのような症状が現れると、おかしいと感じればよいのかといいますと、たとえば不眠、イライラが激しい、疲労などがあります。ほかにも食欲の変化、集中力の低下、被害妄想、将来の不安を常に感じてしまうなどもあります。人それぞれ症状は違ってきますが、不安を抱えてストレスを感じる状態が続きそうな場合は、医師に相談することが望ましいといえます。妊娠中の女性は体力的な面ばかりではなく、精神的な面でも不安定となり、それが出産するまでの期間、そしてその後もしばらく続くこともあるため、元気な子供を産むためにも注意を払う必要があります。

Copyright© 2019 マタニティーブルーという症状は放置せずにしっかりと治すことが大事 All Rights Reserved.